明宝ハム

公開日:2024/01/09 最終更新日:2024/04/17
明宝ハム

明宝ハムは、風味と伝統の製法が特徴の贅沢なハムです。手作業で生産され、保存料未使用でありながら豊かな風味を楽しめるハムのひとつとして、確固たる地位を築いています。とくにギフトとして人気で、そのおいしさと希少性から幻のハムと称されています。この記事では、明宝ハムの特徴について詳しく解説しているので参考にしてください。

良質な国産の豚肉を使ったハムを作る

明宝ハムは、もう一度食べたいと多くの人々から多大な支持を集めているブランドです。明宝ハムは、1988年に手作りハムの工場として設立されましたが、その歴史は1948年までさかのぼります。明宝の農山村において、食生活改善運動と畜産振興を目的にハムの製造がスタートしたのがはじまりです。それ以来、おいしさ、安全性、信頼性にこだわりながら、良質なハムを提供し続けてきました。

明宝ハムのブランドにおける基本コンセプトは「食べる人も作る人も幸せに」です。良質な国産の豚肉を原料に使用し、一度食べるとその風味や豊潤さに感動することでしょう。岐阜の山村の魅力を結集した明宝ハムは、派手さがなく一見さり気ないですが、ハムの醍醐味がたっぷり詰まった本物の味わいを食卓や贈答用に提供し続けている、高級ハムブランドです。

そして、そのおいしさの秘密は、良質な素材と、手間ひまを十分にかけた工程にあります。明宝ハムでは、豚のもも肉だけを使用し、さらにその生肉は、国内産から厳選しています。冷凍の肉を使わず、新鮮な肉を使用することで、豚肉の臭みを一切感じさせません。

ハム製造の中でも、もっとも手間のかかる肉の解体作業では、細かい筋の一本一本までを丁寧に取り除き、完全に肉だけに仕上げます。この作業は明宝ハムの味に仕上げるために不可欠であり、品質を保つうえでの必須ステップです。

明宝ハムは、保存料を使用せず、添加物も極力使わない製法で、購入者が安心して食べられるハム、本当に喜んでもらえるハムを提供しています。おいしいハムづくりへの情熱とこだわりが、明宝ハムの深い味わいを生み出しているのです。

保存料未使用&添加物も極力使わず作った幻のハム

明宝ハムは、その製品において、保存料、着色料、酸化防止剤、増量剤を一切使用していません。代わりに、極微量の亜硝酸Naとリン酸塩を用いています。ドイツの岩塩を使用して造られているハムの起源に従っているため、天然成分としての亜硝酸Naとリン酸塩をそのまま含んで製品化しているからです。

亜硝酸Naは、もともと天然の岩塩に硝石として存在し、発色効果だけでなく、塩漬けした豚肉を美味しく変化させる不思議な効果や、ボツリヌス菌を防ぐ作用があります。明宝ハムで使用する亜硝酸Naの量は、厚生労働省の安全基準の1/3以下であり、発色を目的とするものではありません。これは、厚生労働省の食品衛生法の表示法に従い、製品の表示に発色剤と記載しているに過ぎないものです。

明宝ハムは、保存料を使用せず、かつ添加物を極力抑えた、まさに幻のハムと呼ぶにふさわしい逸品です。天然成分がほとんどであるため、購入者は安心して食べられるだけでなく、伝統の製法にこだわった肉本来のおいしさも楽しめるでしょう。健康に配慮した製品づくりに加え、素材の味を最大限に引き出すことに取り組んでいることが、明宝ハムの魅力のひとつといえます。

お中元やお歳暮などのギフトに最適な美味しいハム

明宝ハムは、おいしさを感じるだけでなく、その製法により、昔なつかしい味がするハムです。東海・中部地方を中心に広がる明宝ハムは、地元ではスーパーにも流通していますが、その高級感からわずか360gで1,000円近い価格がついている、ぜいたくな逸品です。スーパーに並ぶものでありながら、一般庶民の家庭では特別な日しか食べられない贅沢品として扱われています。

製法はプレスハムと呼ばれ、小片の肉塊を塩漬けにして寄せ集め、加熱処理を施して作られています。一般的なロースハムやボンレスハムとは異なり、昔ながらの製法で作られたプレスハムの製法が、明宝ハムの特徴です。

この製法は高い技術を必要とします。肉の解体から包装まですべて手作業で行われ、機械に頼らない伝統の技が活かされています。そのため、機械生産が難しく、大量生産ができないことからも、明宝ハムは幻のハムとして称されているのです。

明宝ハムは、この希少さとおいしさから、贈答用の品として最適です。ギフト用の品も豊富に取り揃えられているため、お歳暮やお中元、そしてお世話になった方に贈り物をする機会にぴったりの品々が、多数用意されています。日ごろお世話になっている方に、おいしさと特別感を添えたい場合には、明宝ハムを検討してみてはいかがでしょうか。

明宝ハムの口コミ・評判

まとめ

明宝ハムは、保存料未使用かつ添加物を極力抑えた、高級ハムの代名詞です。昔ながらの製法で手作業にこだわっているため、大量生産ができず、その限られた流通量から幻のハムといわれるほどです。その希少性とおいしさから贈り物に最適であり、お中元やお歳暮の季節にはとくに喜ばれることでしょう。明宝ハムなら、贈った相手に心から喜んでもらえること間違いなしです。

明宝ハムの基本情報

会社名明宝特産物加工株式会社
住所岐阜県郡上市明宝気良33-2
電話番号0120-44-8601
PR

ハムギフトを贈るならココ! おすすめのハムギフト会社を紹介

本当に美味しいものを。

ハム・ソーセージ・ベーコンは私たちの食卓に欠かせない食材になってきました。だからこそ、贈る相手にも喜ばれ、品質の良い美味しいものを贈りたいですよね。北海道千歳ハムではお肉の旨味を最大限に引き出し、匠の技を駆使して時間と手間をおしまず製造しています。製品ができるまでそれぞれの工程において全て人の手がかかわっているので、徹底した品質管理と長年愛される味を守ってきました。そんな北海道千歳ハムをぜひ一度、ご賞味あれ。

北海道千歳ハムの 詳細情報はこちら!
迷った方にはこのハムギフト会社がおすすめ!

北海道千歳ハム

北海道千歳ハム
引用元:https://www.chitoseham.co.jp/
  • 北海道の自然なる気候風土、美味しい水、厳選素材が深い味わいの贅沢な逸品
  • 製品ができるまでそれぞれの工程において全て人の手がかかわっている。
  • 原料を厳選し、仕分け作業を行い、品質の良い製品作りを心掛け、一人一人丁寧に作業を行っている。

おすすめのハムギフト企業比較表

イメージ
引用元:https://www.chitoseham.co.jp/

引用元:https://www.29yamamoto.jp/

引用元:https://www.tonden.com/

引用元:https://www.kamakuraham-tomiokashop.jp/

引用元:https://www.barnabaham.jp/

引用元:https://www.otama-netshop.com/

引用元:https://www.hamkoubou.com/
会社名北海道千歳ハム千歳ラム工房北海道トンデンファーム鎌倉ハムバルナバハム工房大多摩ハムさっぽろ西町ハム工房(マルハニチロ畜産)
特徴美味しさを求めて素材にこだわっている!匠の技で時間と手間を惜しまず製造!「食で感動を」を目標に商品づくりや開発に取り組んでいる!国際的なコンテストで多くの商品が受賞した実績を持つ!希少な製法を採用!創業明治33年!各種メディアでの紹介実績も多数!北海道産の素材を活用!お歳暮用ギフトセットの種類が豊富!1932年に東京で開業し、ドイツ式の伝統製法を基本としている!1964年から札幌市で活躍しているニチロ畜産の直売店!厳選素材を使用!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

ハムギフトの関連コラム

  • なぜお歳暮にハムが定番になったの?その背後にある理由を解説
    お歳暮には毎年ハムを贈っているという人も少なくないのではないでしょうか。手軽でおいしく、むずかしい調理いらずで、そのまま食べられるハムはお歳暮の定番として親しまれています。今では当たり前になったハムギフトですが、なぜハム
  • 美味しいハムギフトを贈りたい!実は知らないハムの種類と特徴とは?
    ハムはその多様性と豊かな味わいで、日本国内外で幅広く愛されています。この記事では、ハムが贈り物に適している理由から、種類や特徴、さらには日本と世界のハムの違いに至るまで詳しく解説します。また、贈り物としてのハムの選び方も
  • ハムギフトを貰ったけど常温で保存してもいいの?適切な保存方法を解説
    ハムは、その美味しさと便利さから多くの家庭や業界で重宝されていますが、適切な保存方法が必要です。この記事では、ハムを安全かつ美味しく保存するための方法を詳細に解説します。冷蔵保存の重要性から、開封後の管理、冷凍保存のコツ
  • 極上の贅沢!特別な日に贈りたい、厳選された高級ハムギフトの選び方
    2023年におけるギフト選びで注目されているのは、高級ハムです。その人気の秘密とは何か?そして、どのようにして最適な一品を選ぶのか?この記事では、選び方のコツからおすすめの高級ハムまで、あなたの大切な贈り物選びに役立つ情
【PR】ハムギフトを贈るならココ!