ハムギフトを貰ったけど常温で保存してもいいの?適切な保存方法を解説

公開日:2024/03/15
ハムギフトを貰ったけど常温で保存してもいいの?適切な保存方法を解説

ハムは、その美味しさと便利さから多くの家庭や業界で重宝されていますが、適切な保存方法が必要です。この記事では、ハムを安全かつ美味しく保存するための方法を詳細に解説します。冷蔵保存の重要性から、開封後の管理、冷凍保存のコツまで、ハムの長持ちの秘訣をご紹介します。

ハムギフトの常温保存は避けたほうがよい

ハムの保存方法はその種類や製造過程によって異なりますが、とくに贈答用やスーパーマーケットで購入する真空パックされたハムの場合、冷蔵保存が必須です。

冷蔵保存には真空パックが使われますが、真空パックの目的は、ハムを新鮮に保つために空気を遮断することにあります。そのため、一度開封するとその保護機能が失われ、細菌のリスクが高まります。

真空パックされたハムを開封した後、常温での長時間の保管は、細菌の繁殖を促しハムの劣化を早める主な原因です。ハムに含まれる水分と栄養素は、細菌にとって理想的な増殖環境を提供します。また、ハムの表面に自然に存在する細菌も、適切な温度下では急速に繁殖する可能性があります。

スーパーマーケットなどで販売されているハムには通常、「要冷蔵」のラベルが付けられており、これはハムを安全に保存するために貼られています。このラベルはハムが冷蔵庫内の低温環境で保管されるべきであることを意味しており、低温は細菌の繁殖を抑制し、ハムを長く新鮮に保つのに役立ちます。冷蔵保存する際は、ハムを冷蔵庫の肉類用の区画や温度が安定している場所に置くことが望ましいです。

さらに、ハムを密閉容器やラップで包むことで、他の食品からのにおい移りを防ぎ、乾燥を避けることができます。密閉容器で保存する場合は、適度な空気の流通を確保して、ハムが湿気すぎないように注意が必要です。

また、冷蔵保存の際には、ハムの種類に応じて注意する必要があります。生ハムや熟成ハムなど、特定の種類のハムは、冷蔵庫内での過度な乾燥を避けるために、紙や布などで包むことが推奨されることもあります。

結論として、ハムの安全性と品質を保つためには、とくに真空パックされたハムを開封した後は、細菌の繁殖を防ぐためにも、速やかに冷蔵庫へ戻すことが重要です。適切な冷蔵保存により、ハムの鮮度を長く保ち、いつでも美味しく食べることができるでしょう。

ハムギフトを美味しく楽しむための正しい保存方法

ハムの保存において最も重要なのは、適切な冷蔵保存です。美味しくハムを楽しむためには、正しい温度管理と包装方法が不可欠です。冷蔵保存することで、ハムはその鮮度と風味を長く保つことができます。

まず、冷蔵保存の基本として、ハムは冷蔵庫内の最適な温度帯、一般的には4°Cから8°Cの範囲で保管されるべきです。この温度範囲では、細菌の繁殖が抑えられ、ハムの新鮮さが保たれます。冷蔵庫内の温度はドアの開閉により変動することがあるため、ハムを冷蔵庫の奥や下段など、温度変動が少ない場所に置くことが推奨されます。

次に、ハムの品質を保つための包装方法にも注意が必要です。ハムは空気に触れると酸化しやすく、風味が損なわれるため、開封後は空気に触れないようにすることが重要です。開封後のハムは、ラップでしっかりと包むか、密閉できる容器に入れて保存します。これにより、ハムの乾燥を防ぎ、他の食品のにおいが移るのも防げます。

また、とくにギフト用のハムの場合、美味しさを保つためには、贈られたらすぐに冷蔵庫に入れ、できるだけ早く消費することが望ましいです。ギフトとしてのハムは特別な製法で作られているため、製品によっては特定の保存方法が推奨されることもあります。

ギフトとしてのハムの場合、それぞれ保管方法や美味しい食べ方が記載されている説明書が同梱されています。そのため、製品に添付された保存方法や賞味期限の説明に従うことが大切です。説明書をよく読んで、いただいたハムを美味しくいただけるようにしましょう。

開封後も美味しく食べるためのハムギフトの適切な保存方法

開封後のハムを美味しく保つためには、空気に触れさせないことが重要です。空気に触れるとハムは酸化し、細菌の増殖が促進されるため、品質の低下を早めてしまいます。

このような劣化を防ぐため、ラップや密閉容器を使用した適切な保存方法が必要です。まず、ラップを使用する場合、ハムを可能な限り密封するようにしてください。ハムをラップでしっかりと包むことで、空気との接触を最小限に抑え、乾燥を防ぎます。

この際、ラップを複数重ねることで、さらに密閉度を高めることができます。ただし、ハムが湿気すぎるとカビの原因にもなり得るため、適度な通気性も保つことが大切です。密閉容器を使用する場合は、ハムを容器に入れ、フタをしっかりと閉めます。

容器の中でハムが動かないように、適度に隙間を埋めることもおすすめです。この方法は、ハムの酸化を防ぎながらも、適切な湿度を保つことができます。また、他の食品の匂いがハムに移るのを防ぐ効果もあります。

開封後のハムを保管する際も、やはり冷蔵庫内の温度も考慮する必要があります。理想的な温度はやはり10℃以下で、この温度範囲内であれば、ハムは比較的長期間新鮮さを保つことができます。冷蔵庫内での適切な位置についても考慮し、他の食品や飲料から離れた、定温性の高い場所に置くことをおすすめします。

また、開封後のハムは賞味期限にとくに注意が必要です。パッケージに表示されている賞味期限は、未開封時のものであり、開封後はこれよりも早めに消費することが望ましいです。通常、開封後のハムは数日間で消費することを推奨しますが、これはハムの種類や保存状態によって異なります。

さらに、開封後のハムの保存にも、やはり冷蔵庫内の湿度管理も重要です。とくに、前述にもあるように乾燥を好む生ハムや熟成ハムは、過度の湿気を避けるため、通気性のある包装をすることが望ましいです。そのため、ハムの風味と質感を保ちつつ、カビのリスクを減らすことができます。

最後に、開封後のハムを使用する際は、より清潔な手で取り扱うことが重要です。開封後のハムは直接手で触れることで、細菌がハムに移るリスクがあるため、清潔な手やキッチン用具を使用してください。また、ハムを取り出した後は、容器を再びしっかりと密閉し、冷蔵庫に戻すことを忘れないでください。

ハムギフトの美味しさを保つために知っておきたい冷凍保存のポイント

ハムを長期間保存する必要がある場合、冷凍は非常に有効な方法です。しかし、ただ単に冷凍庫に入れるだけではなく、適切な方法で処理することが、ハムの品質を維持するために重要です。

冷凍する際の適切な方法と、冷凍による風味の変化について検討します。まず、冷凍保存を行う前に、ハムは適切に準備する必要があります。ハムを一枚ずつラップやクッキングシートで包んでから、フリーザーバッグや密閉できる容器に入れると良いでしょう。これにより、ハム同士がくっつくのを防ぎ、必要な分だけ簡単に取り出すことができます。また、空気を可能な限り抜くことで、フリーザーバーン(冷凍焼け)を防ぎ、風味の損失を最小限に抑えることができます。

冷凍保存の際のもう一つの重要なポイントは、冷凍温度です。ハムは-18°C以下で保存することを推奨します。この温度で保存することで、ハムの質感や風味が長期間保たれます。しかし、冷凍庫の中でも温度が均一ではないため、冷凍庫の中で最も温度が安定している場所にハムを置くことが望ましいです。

冷凍による風味の変化については、ハムの種類によって異なります。一般的に、加熱処理されたハム(ロースハムやボンレスハムなど)は、冷凍による品質の劣化が少ないと言われています。これに対して、生ハムや熟成ハムなどの加熱されていないハムは、冷凍によって風味や質感が変わる可能性があります。とくに熟成ハムは、冷凍すると独特の風味が減少することがあります。

また、冷凍保存したハムを解凍する際にも注意が必要です。急激な温度変化はハムの質感を損なうため、冷蔵庫でゆっくりと自然解凍することが推奨されます。この方法は、ハムの質感や風味をできるだけ保持するために最適です。解凍後のハムは、解凍開始から24時間以内に消費することが望ましいです。

さらに、冷凍保存の際には、ハムの種類や特性を考慮することも重要です。例えば、塩分が高いハムやスパイスが豊富に使用されているハムは、冷凍による風味の変化が少ないとされています。これに対して、塩分が少ないやや甘みのあるハムは、冷凍によって風味が変わりやすいことがあります。したがって、ハムの種類に応じて、冷凍保存の方法を適宜調整することが望ましいです。

冷凍はハムを長期間保存する効果的な方法ですが、適切な準備と解凍方法を選ぶことが、その風味と品質を保つ鍵となります。これらのポイントに注意して冷凍保存を行えば、ハムギフトも長期間にわたって美味しく楽しむことが可能です。適切な冷凍保存方法を採用することで、ハムの美味しさを長期間維持し、いざという機会に楽しむことができるでしょう。

まとめ

ハムは保存方法により新鮮さと風味が大きく左右されます。保存方法は冷蔵保存が一般的な方法で、特に「要冷蔵」のラベルが付いているハムは、4°Cから8°Cの範囲で保存するのが理想的です。ハムを冷蔵する際は、空気に触れないようにラップや密閉容器に入れ、他の食品のにおい移りや乾燥を防ぐことが重要です。

開封後のハムは、特に注意が必要です。空気に触れると酸化や細菌の増殖が進むため、ラップや密閉容器を使用して冷蔵庫で保存します。定期的にハムの状態をチェックし、賞味期限を過ぎないうちに消費することが推奨されます。長期保存を考える場合、冷凍保存が有効です。ハムを一枚ずつラップで包んでから冷凍し、適切な解凍方法としては、冷蔵庫での自然解凍が最良です。これにより、風味や質感の損失を最小限に抑えることができます。

迷った方にはこのハムギフト会社がおすすめ!

北海道千歳ハム

北海道千歳ハム
引用元:https://www.chitoseham.co.jp/
  • 北海道の自然なる気候風土、美味しい水、厳選素材が深い味わいの贅沢な逸品
  • 製品ができるまでそれぞれの工程において全て人の手がかかわっている。
  • 原料を厳選し、仕分け作業を行い、品質の良い製品作りを心掛け、一人一人丁寧に作業を行っている。

おすすめのハムギフト企業比較表

イメージ
引用元:https://www.chitoseham.co.jp/

引用元:https://www.29yamamoto.jp/

引用元:https://www.tonden.com/

引用元:https://www.kamakuraham-tomiokashop.jp/

引用元:https://www.barnabaham.jp/

引用元:https://www.otama-netshop.com/

引用元:https://www.hamkoubou.com/
会社名北海道千歳ハム千歳ラム工房北海道トンデンファーム鎌倉ハムバルナバハム工房大多摩ハムさっぽろ西町ハム工房(マルハニチロ畜産)
特徴美味しさを求めて素材にこだわっている!匠の技で時間と手間を惜しまず製造!「食で感動を」を目標に商品づくりや開発に取り組んでいる!国際的なコンテストで多くの商品が受賞した実績を持つ!希少な製法を採用!創業明治33年!各種メディアでの紹介実績も多数!北海道産の素材を活用!お歳暮用ギフトセットの種類が豊富!1932年に東京で開業し、ドイツ式の伝統製法を基本としている!1964年から札幌市で活躍しているニチロ畜産の直売店!厳選素材を使用!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

ハムギフトの関連コラム

  • なぜお歳暮にハムが定番になったの?その背後にある理由を解説
    お歳暮には毎年ハムを贈っているという人も少なくないのではないでしょうか。手軽でおいしく、むずかしい調理いらずで、そのまま食べられるハムはお歳暮の定番として親しまれています。今では当たり前になったハムギフトですが、なぜハム
  • 美味しいハムギフトを贈りたい!実は知らないハムの種類と特徴とは?
    ハムはその多様性と豊かな味わいで、日本国内外で幅広く愛されています。この記事では、ハムが贈り物に適している理由から、種類や特徴、さらには日本と世界のハムの違いに至るまで詳しく解説します。また、贈り物としてのハムの選び方も
  • ハムギフトを貰ったけど常温で保存してもいいの?適切な保存方法を解説
    ハムは、その美味しさと便利さから多くの家庭や業界で重宝されていますが、適切な保存方法が必要です。この記事では、ハムを安全かつ美味しく保存するための方法を詳細に解説します。冷蔵保存の重要性から、開封後の管理、冷凍保存のコツ
  • 極上の贅沢!特別な日に贈りたい、厳選された高級ハムギフトの選び方
    2023年におけるギフト選びで注目されているのは、高級ハムです。その人気の秘密とは何か?そして、どのようにして最適な一品を選ぶのか?この記事では、選び方のコツからおすすめの高級ハムまで、あなたの大切な贈り物選びに役立つ情