なぜお歳暮にハムが定番になったの?その背後にある理由を解説

公開日:2024/05/15
なぜお歳暮にハムが定番になったの?その背後にある理由を解説

お歳暮には毎年ハムを贈っているという人も少なくないのではないでしょうか。手軽でおいしく、むずかしい調理いらずで、そのまま食べられるハムはお歳暮の定番として親しまれています。今では当たり前になったハムギフトですが、なぜハムギフトはお歳暮の定番になったのでしょうか?お歳暮でハムギフトを贈るメリットや選び方についても解説します。

お歳暮の定番!ハムが選ばれる理由

ハムが日本に伝わったのは明治時代はじめ、幕末の頃に伝来し、当時は現在の物価に換算すると7〜8万円もする高級品でした。今では手軽に手に入るハムは、明治天皇に献上されるほどの高級品であったことから特別な相手への贈答品としてふさわしいものとなりました。

明治30年以降には一般の家庭でも手が届くようになり、「ハムは高級品」というイメージが定着したため、お中元やお歳暮などの贈りものに選ばれています。調理せずに食べられる手軽さや、子どもから大人まで幅広く好まれるのも人気の理由でしょう。保存性が高く日もちし、見た目も豪華で、好き嫌いがそれほどないこともハムギフトが選ばれている理由のひとつです。

ハムをお歳暮に贈るメリット

お歳暮の定番ともいえるハムですが、特別な人へのギフトとしてどのようなメリットがあるのでしょうか。

︎年末年始の食卓に並べられる

年末や年始に家族が集まる家庭も少なくないでしょう。お酒のおつまみやオードブルとしてハムを食卓に並べれば、家族みんなで食べられます。ハムはおせちの具材に使ったり、正月料理に適しているため、お歳暮に選ばれます。切るだけですぐに用意でき、手軽に食べられるので、忙しい年末年始にはありがたい贈りものです。

︎長期間保存ができる

賞味期限が長いこともハムがお歳暮として選ばれる理由のひとつです。お歳暮で食品を送る場合は、なるべく賞味期限が短くないものを選ぶのがマナーです。ハムは、未開封であれば1か月から2か月程度は日もちするため、すぐに食べなくてもいいところは贈られた側にはありがたい点です。

スライスされたものは賞味期限が短い場合もあるので、より日もちさせたい場合にはブロックのものを選ぶとよいでしょう。長期保存できるのもハムをお歳暮に選ぶメリットのひとつです。

︎種類が豊富

ハムは「豚のもも肉」を意味しますが、もも肉以外にもさまざまな部位を使っているハムが存在します。以前は骨付きの大きなもも肉を塩せきして燻製にしたものをハムと呼んでいましたが、現在はもも肉以外の部位でつくられたものも総称してハムと呼ばれるようになりました。

もも肉を使ったボンレスハムや生ハム、ロース肉を使ったロースハムや肩ロースやうで肉でつくられたショルダーハムなど、ハムにはたくさんのバリエーションがあります。ほかの方から同じようなハムギフトが届いていたとしても、種類がたくさんあるため全く同じものを贈ってしまう可能性は低いでしょう。選ぶのが面倒などの理由から毎年ハムを贈る場合には、種類を変えて贈るといいかもしれません。

季節の贈りものに欠かせない!ハムギフトの選び方

贈りものの定番となったハムですが、種類やギフトセットがたくさんあって選べない!という方も多いのではないでしょうか。悩んだときは、次の点に気をつけてハムギフトを選びましょう。

︎セット内容をチェック

ハムギフトはさまざまな種類のものがひとつのセットになっていることがほとんどですが、なんとなくで選ばずにセット内容をひとつひとつ確認しましょう。ハンバーグやソーセージとセットになっているもの、好みではなさそうな種類のハムが入っている場合もあります。贈る相手の好みがわかる場合には、なるべく好みのものがたくさん入っているものを選びましょう。

︎内容量もしっかり確認

ハムギフトはブロックタイプが一般的ですが、スライスハムがギフトセットになっているものも珍しくありません。ブロックに比べると内容量が減り、ボリュームに欠けてしまいます。たくさん贈りたい場合にはなるべくブロックを、ひとり暮らしで、多くは必要ない人にはスライスタイプなど内容量が少なめのものがおすすめです。

まとめ

今では定番となったお歳暮のハムギフトですが、天皇に献上される高級品であったことから贈りものとして定着した背景があります。手軽でそのまま食べられ、長期保存できるハムは今となっては簡単に手に入りますが、明治時代初めは贈りものとしてとても手が出せるような値段ではありませんでした。それほど贈りものとして喜ばれるイメージがあり、お中元にもお歳暮にもぴったりのギフトとして親しまれるようになりました。

お歳暮でハムギフトを贈る際にはセット内容や内容量もしっかり確認して選びましょう。ていねいにギフトを選べば相手に気持ちが伝わり、きっと喜んでもらえるでしょう。

迷った方にはこのハムギフト会社がおすすめ!

北海道千歳ハム

北海道千歳ハム
引用元:https://www.chitoseham.co.jp/
  • 北海道の自然なる気候風土、美味しい水、厳選素材が深い味わいの贅沢な逸品
  • 製品ができるまでそれぞれの工程において全て人の手がかかわっている。
  • 原料を厳選し、仕分け作業を行い、品質の良い製品作りを心掛け、一人一人丁寧に作業を行っている。

おすすめのハムギフト企業比較表

イメージ
引用元:https://www.chitoseham.co.jp/

引用元:https://www.29yamamoto.jp/

引用元:https://www.tonden.com/

引用元:https://www.kamakuraham-tomiokashop.jp/

引用元:https://www.barnabaham.jp/

引用元:https://www.otama-netshop.com/

引用元:https://www.hamkoubou.com/
会社名北海道千歳ハム千歳ラム工房北海道トンデンファーム鎌倉ハムバルナバハム工房大多摩ハムさっぽろ西町ハム工房(マルハニチロ畜産)
特徴美味しさを求めて素材にこだわっている!匠の技で時間と手間を惜しまず製造!「食で感動を」を目標に商品づくりや開発に取り組んでいる!国際的なコンテストで多くの商品が受賞した実績を持つ!希少な製法を採用!創業明治33年!各種メディアでの紹介実績も多数!北海道産の素材を活用!お歳暮用ギフトセットの種類が豊富!1932年に東京で開業し、ドイツ式の伝統製法を基本としている!1964年から札幌市で活躍しているニチロ畜産の直売店!厳選素材を使用!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

ハムギフトの関連コラム

  • なぜお歳暮にハムが定番になったの?その背後にある理由を解説
    お歳暮には毎年ハムを贈っているという人も少なくないのではないでしょうか。手軽でおいしく、むずかしい調理いらずで、そのまま食べられるハムはお歳暮の定番として親しまれています。今では当たり前になったハムギフトですが、なぜハム
  • 美味しいハムギフトを贈りたい!実は知らないハムの種類と特徴とは?
    ハムはその多様性と豊かな味わいで、日本国内外で幅広く愛されています。この記事では、ハムが贈り物に適している理由から、種類や特徴、さらには日本と世界のハムの違いに至るまで詳しく解説します。また、贈り物としてのハムの選び方も
  • ハムギフトを貰ったけど常温で保存してもいいの?適切な保存方法を解説
    ハムは、その美味しさと便利さから多くの家庭や業界で重宝されていますが、適切な保存方法が必要です。この記事では、ハムを安全かつ美味しく保存するための方法を詳細に解説します。冷蔵保存の重要性から、開封後の管理、冷凍保存のコツ
  • 極上の贅沢!特別な日に贈りたい、厳選された高級ハムギフトの選び方
    2023年におけるギフト選びで注目されているのは、高級ハムです。その人気の秘密とは何か?そして、どのようにして最適な一品を選ぶのか?この記事では、選び方のコツからおすすめの高級ハムまで、あなたの大切な贈り物選びに役立つ情
【PR】ハムギフトを贈るならココ!